東京の介護施設を選ぶメリット

老後を考える時、パートナーや子どもなど家族には負担を掛けず、施設に入って暮らしたいという声が多く聞かれます。特に首都圏では核家族化が進んでいる影響で、老後も自立した生活をしたい、プライベートな時間や空間を大切に過ごしたいという方が多いのが最近の傾向です。都内やその近郊にある施設は、どこも交通の便が良く、面会者が通いやすいというメリットがあります。また、最先端のシステムが採用されており、おしゃれな外観や快適性にこだわった所も多いので、面会者も気軽に会いに行くことができ、入居者も楽しく日常生活を送ることができるという点も大きな魅力です。都心で洗練された生活を送れる施設があれば、郊外の緑豊かな環境の中で都市機能はそのままに落ち着いた雰囲気で生活できる施設もありますので、どのような老後を過ごしたいかイメージしながら選ぶことができるのも都会ならではと言えます。

東京の介護施設を探すポイント

都内で老後に入る施設を探すポイントとしては「介護度に応じた施設を選ぶ」というのが第一に挙げられます。一口に老人ホームと言っても種類は様々で、介護の必要がない方を対象とした施設があれば、介護度が低い方を対象とした施設や、介護度が高い方を対象とした施設もあります。また、混合型と言って、介護が必要な方も不要な方も受け入れている施設もあります。介護保険の内容についても再確認し、介護を要する方は要介護・要支援の申請を行ないましょう。
また「希望する入居期間に応じた施設を選ぶ」という点も重要です。施設により、長期入居型と短期入居型があり、自立型の施設の場合には介護が必要となった時点で退去しなければならない所もあります。あらゆる状況を想定し、入居期間を考える必要があります。

東京にある入りたくなる介護施設

都内には、様々な施設があります。まるで高級ホテルのような外観や内装、インテリアや家具までこだわった居住スペースで、老後についてまだ考えていない若い人でも思わず入りたくなってしまうような所もあります。
また、介護を必要としない高齢者を対象とした自立型の老人ホームでは、フィットネスルームや露天風呂、カラオケ、図書室といった設備も充実している施設、レクリエーションやサークル活動、年間行事などが豊富で仲間と楽しく過ごすことに重点を置いた施設もあります。
なお、24時間介護スタッフが滞在し、居住スペース内に緊急時ボタンを設置している施設や、洗濯や掃除、買い物などのサポート体制が整っている施設は、身体に不安のある高齢者にとって安心です。